プログラマーのカリスマを目指して


by hidyt5pgre
 福岡市西区の能古島で同市博多区の会社員、諸賀礼子さん(32)の遺体の一部が見つかった事件で、諸賀さん宅に争った跡がない半面、近所の人が口論の声を聞いていることから、顔見知りによる犯行の疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。県警は、帰宅後に連れ出された可能性もあるとみて交友関係などを調べている。

 捜査関係者によると、室内に血痕はなく、目立った争いの跡はなかった。財布の入ったバッグが残っており、盗みの可能性は低いという。6日に参加予定だった勤務先の会社のゴルフコンペを楽しみにしていたといい、失踪(しっそう)するような理由は見当たらないという。不明となる数日前に近所の人が諸賀さん宅付近で、男女が言い争うのを聞いたとの情報もある。【島田信幸】

【関連ニュース】
能古島切断遺体:尻に複数のあざ 他の部位を捜索
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近
女性遺体:海岸に切断遺体 死後数日〜数週間−−福岡・能古島
能古島切断遺体:携帯、不明直後に不通に 電源切り追跡妨害か 「犯人許せない」憤る勤務先
能古島切断遺体:不明10日 最悪の結果/「婚活頑張る」夢絶たれ

子宮頸がん ワクチンで予防実現 高額費用…公費助成求める声(産経新聞)
<業過傷害容疑>猟犬の飼い主を17日書類送検(毎日新聞)
「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕−警視庁(時事通信)
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針(医療介護CBニュース)
<阿久根市長>予算特別委員会の出席を再び拒否(毎日新聞)
[PR]
# by hidyt5pgre | 2010-03-20 14:18
 鳩山由紀夫首相は16日午後、新党結成を目指して自民党に離党届を提出した弟の鳩山邦夫元総務相と衆院本会議場で会話をし、「自分で決めたことなんだから頑張りなさい」と激励した。
 邦夫氏は本会議開会中、議員席にいた首相に歩み寄り、1分程度言葉を交わした。邦夫氏は今回の行動について、首相に「留守電に(メッセージを)入れておいた」と伝えたという。首相はこの後、記者団から「兄として友愛精神を発揮する考えは」と問われ、「お互いにエールの交換をした。それが友愛精神だと言えばそうなのではないか」と語った。 

<新潟市美術館>文化庁方針に市長不満 仏像展示問題(毎日新聞)
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫(時事通信)
<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
[PR]
# by hidyt5pgre | 2010-03-18 18:04
 政府は16日、麻生政権時の08年11月に内閣官房参与に就任した行天豊雄・元大蔵省財務官と野上義二・元外務事務次官が、同日付で退職すると発表した。両氏から辞表の提出があったという。

「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁(時事通信)
知床のサケ遡上ぐんと増加、段差削りスロープに(読売新聞)
<性的暴行>英会話学校経営の米国人逮捕 女児数十人被害か(毎日新聞)
平沼氏との連携にも意欲=鳩山邦氏(時事通信)
東京大学 合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
[PR]
# by hidyt5pgre | 2010-03-17 03:05
 大分県津久見市沖の豊後水道(水深90メートル)に12日、高さ35メートルの高層マンションのような魚礁1基が沈められた。県が約12億円をかけ、大小計36基を順次設置する。

 大分県の沿岸漁業の漁獲量はピーク時の85年の4分の1(07年)に激減している。これらの魚礁は、マアジなどの回遊魚をすみつかせて漁場を造成するのを目的としている。

 県は、魚礁による年間漁獲量の増加を200トンともくろむ。耐用年数は約30年という鉄製の“億ション”にすみつく魚を一本釣りできれば、漁業者の所得向上は間違いなし!【古田健治】

【関連ニュース】
農and食・捨てないで:第4部・生産現場から/下 規格外の魚、活用に知恵
人模様:幻の高級魚クエで町おこし−−稲葉義之さん
イサダ漁:春告げる 県内一斉に解禁 /宮城
小名浜漁協:解散認可 水揚げ高減少、後継者不足 /福島
漁業境界線:宮城・岩手両漁協、共同ルール策定へ /宮城

2年後の改定、複数科の再診料が争点に(医療介護CBニュース)
<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)
<自殺>鹿児島で中2男子死亡 遺書なく学校で原因調査へ(毎日新聞)
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)
首相動静(3月10日)(時事通信)
[PR]
# by hidyt5pgre | 2010-03-13 00:38
 週刊誌「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、前衆院議員の船田元氏らが、発行元の新潮社(東京都新宿区)に計3300万円の損害賠償を求めた訴訟の第一回口頭弁論が10日、宇都宮地裁(竹内民生裁判長)で開かれた。

 新潮社側は答弁書で「記事は名誉棄損にあたらず、事実と異なるという主張も間違っている」と全面的に争う姿勢を示した。

 訴えによると、昨年12月24日発売の同誌が、作新学院の理事長である船田氏が、同法人の職員と不倫関係にあるとの記事を掲載。船田氏側は「事実無根」と主張している。

【関連記事】
船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」
「ブランドの罪」再挑戦目指す船田元氏
イ・ビョンホンさん、名誉毀損で“元カノ”を今週中にも告訴 
精神鑑定医が名誉毀損で日テレを提訴 光市母子殺害
「恥を知れ」…隣家に暴言の主婦に懲役1年求刑

5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
<斎藤茂吉短歌文学賞>伊藤一彦さんの歌集「月の夜声」に(毎日新聞)
<動画投稿>女性入所者トイレ、介護士が撮影 投稿は否定(毎日新聞)
「最低保障年金」を柱、参院選向け新制度議論(読売新聞)
元・光GENJI赤坂被告、覚せい剤使用認める(読売新聞)
[PR]
# by hidyt5pgre | 2010-03-11 02:49